ママに選んでほしいだしパック


【食べたもので体がつくられます】

あなたは昨日、何を食べましたか?
私たちの体は、昨日までに食べたもので出来上がっています。
人類の長い歴史の中で、私たちの祖先は、自然界の生物を必要量とって食べてきました。

しかし、現代では、、、

その歪みが、現代病となっているような気がします。



別海くるみ幼稚園にて


【ママの手料理が食べたい】

仕事がら、よく食育のお話をいただきます。

「鰹節を知ってはいるけど、実物を見るのも触るのも初めて」。
そんな子供たちに、本物の鰹節を削ってもらい、出汁をとり、味噌汁もつくります。

「僕、みそ汁なんて嫌いなんだ」。
そう言う子に限って、「おかわりしてイイ?」って寄ってきます。

そんな我が子の姿をみて、驚くママさんも珍しくありません。

ワンコイン持たせて「何か買って食べてね」ではなく、具だくさんの味噌汁を一杯置いて、「温めて食べてね」の方が喜ぶと思うんです。



ママに選んでほしいだしパック


【子供の味覚って、正直なんです】

美味しいって何だろう?

むずかしく考え過ぎていませんか?


日本には、古くから味噌、醤油、味醂などがあります。
そして、「出汁」も。

先人が残してくれた財産(伝統食材)と、愛情(手間暇)があれば、それだけで十分。

自分の為には面倒でも、子供の為にと思ったら、やる気が湧いてきます。
不思議ですよね。

私もそうです(笑)



ママに選んでほしいだしパック

 
【出汁をとるって、とっても簡単】
 
お出汁をとる。
または、うま味を引き出すことの意味から、「お出汁をひく」とも言います。

江戸時代から受け継がれる、和食の出汁。

 
かつお節は、どれくらい煮るの?
昆布は、いつ取り出すの?

 
そんな声が聞こえてきそうですが、とっても簡単な方法をお教えしますね。
 
それは、、、
 
水に浸せば、出汁は勝手に出てるんです。
就寝前、ティーポットなどに水とだしパックをセットして、冷蔵庫に入れておくだけ。
朝起きたら、もう出来上がり!

 
とっても簡単だから、試してみてください。



ママに選んでほしいだしパック